*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、ざ・はむぱぱです。

気づくと今年も残すところあと1月半です。
季節の変わり目で豆は体調ががっくり低下して、アカルスや膀胱炎を併発して週1で通院中なことに加え、白ちゃんのうんちがちょっとゆるい。(まったく下痢というほどではないのですが気になります)
それに小次郎とかよ子が皮膚炎を発症しているようで通院中と大わらわです。
とはいえ、皆順調に回復中です。
近くにかかりつけの獣医さんがいるありがたさを心から感じています。
しかし油断は大敵。特に豆は生まれつき虚弱体質ですので、本当に気をつけていきたいと思います。
来年のお正月を全員で無事に迎えるためにも頑張りますよ!

さてさて、ぼたん一家の子別れの話です。
ぼたん達が母親のかよ子から引き離されたのは20日目と今回に比べると非常に早かった。
理由はかよ子が外に出たくてばた狂いちび達を踏みつけるわ、育児に飽きてちび達をわずらわしいというそぶりをしたので、これはいかんということで分離しました。
もっとも一番体の小さかったいち子だけは翌日までかよ子と一緒にしておいたところ、かよ子にかぷっと噛まれ強制的に離乳、子別れとなってしまいました。
その儀式があった故か、いち子は小じんまりながら自己主張の強い子になったように思います。

逆にその儀式を体験していないぼたんやおはぎは人懐っこい子供になりました。
強制子別れを経験していないせいか、子供たちがあらかた離乳した後でも、ぼたんはまったく子供を追い払うようなことはありませんでした。
逆に乳離れのできない子供が2匹くらいいたので、昨日のお父さんの手による子別れとなったわけです。

今日からぼくたちだけで頑張るお~


さてさて、ぼたんに甘やかされて育ったちび達はお父さんやお母さんが近付くとちょっと怯えた様子を見せます。
この子の中の誰かが母親になるとき、どんな家庭を築くのかすごく興味深いですね。





にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

↑ちびたちだけライフに応援のクリックをお願いします。↑


スポンサーサイト


この記事へコメントする















ざ・はむぱぱ

Author:ざ・はむぱぱ
神奈川県の湘南地方ではむままとゴールデンハムスター13匹と一緒に生活中
今、ハムスターを見ていることが一番幸せ

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しました。よろしかったらクリックお願いします

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。