*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、ざ・はむぱぱです。

はむままや私がぼたんBabysの世話に追われていた頃、おはぎが引きこもりになってしまいました。
おはぎの家は赤ちゃんの頃から使っていたココナッツハウスだったのですが、体も随分大きくなってきたし、なにより冬寒いと可愛そうなので、ほかの子達同様に文鳥箱を買ってあげました。
するとよほど新しい家が気に入ったのかおはぎは引きこもりになってしまいました。

お父さんが起きている時間にほとんど外で姿を見かけることもありません。
きっと新しい家が快適でそうしているのだとは思うのですが、おはぎも健康診断で軽い不整脈が見つかっているので、「ひょっとしたら具合が悪いのかもしれない」とはむままが言い出しました。

不整脈の問題は血流が悪くなり、体が冷えることです。
重度の不整脈を抱えている豆ちゃんは子供のころ、それが原因で体がちっとも大きくならなかった過去があります。
血流の悪い状況を改善する一番いい方法は体を温めることですと豆の主治医の獣医さんも言ってくれてます。
というわけで豆やいち子を寒い時期に病院に連れていくときに活躍するプラスティックのカイロケースに使い捨てカイロを入れて、おはぎの巣の中に入れてみます。

むむ、なにか新しいものが増えているのでつ


お、気配を感じて珍しく早い時間からおはぎが出てきました。

新聞紙がほしーのでつ


大好きな新聞紙を破り始めました。
でも、暖かいことは分かるのか鼻をふんふんしています。

この後、暖かいものであるということを理解したおはぎはこの新聞紙に包まれたケースごと自分の家に持っていこうとしたのですが、当然ムリ。
また新聞紙をカリカリと破り始めたので、お母さんが慌てて外側の新聞紙を外し再度部屋の中に置いてみます。



お、ここが暖かくて気持ちがいいところだというのは分かったようです。
あとはうまく体を温め、元気になってくれることを祈るばかりです。




にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

↑おはぎが冬でも元気に過ごせるよう応援クリックをお願いします。↑


スポンサーサイト


この記事へコメントする















ざ・はむぱぱ

Author:ざ・はむぱぱ
神奈川県の湘南地方ではむままとゴールデンハムスター13匹と一緒に生活中
今、ハムスターを見ていることが一番幸せ

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しました。よろしかったらクリックお願いします

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。