*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、ざ・はむぱぱです。

今朝、くり子を荼毘に伏して貰いました。
どうしても今日まで私の仕事の都合がつかなかったのです。

正直、誰かに仕事を変わって欲しかったのですが、どうしてもすぐには変われない内容だったので、なくなくくり子の亡骸を箱に納め、箱を厳重にラップにくるみ、冷凍庫で今日まで4日間保管してきました。

火葬場は車で30分くらいの場所にあるので、8時頃業者の人が車で迎えにきてくれました。
お父さんとお母さんはくり子の棺(前述の箱です。はむままが一番大事にしていた箱でした)と花束を持って火葬場に向かいます。
今朝の湘南は朝から雪が舞っていました。

くり子に似合う可愛らしい花をはむままが買ってくれました


火葬場でくり子の棺をゆっくりと開けます。
もし、くり子の体が痛んでいたらどうしようと不安になりましたが、箱の中で横たわり眠るくり子は美人なままのくり子でした。
花束を切って、くり子の棺を花束でいっぱいにして、送り出しました。
もう4日も経っているのにまた涙が止まりませんでした。
くり子、くり子、お父さんとお母さんのくり子。治してあげれなくて、死なせてしまってごめんよ、ごめんよ、ごめんよ。大好きなくり子、もっとずっと一緒にいたかったよ。

雪の中くり子が煙となり天に上っていっているのでしょうか



はむままは雪の中登っていく煙を見て「雪の中くり子は天国に旅立っていったんだね。最後までくり子らしい」と言いながら泣いていました。
今週は私たちはずっと泣いてばかりいます。
これではいけないですね。

30分ほどして火葬が終わりました。
担当の人がくり子の遺骨の様子を説明してくれました。
くり子は若くして亡くなったので遺骨はしっかりとしていました。頭の遺骨は前歯までしっかりと残っていました。呼吸困難になった鼻の部分をじっと見つめてみましたが、異常は確認できませんでした。
流儀に従い、足の骨から順番に骨壷に遺骨を納めます。
業者の人がくり子の名前が入れてある白い袋で骨壷をつつみ、お父さんに渡してくれました。
さぁ、くり子が大好きだった家に帰ろう。
帰る途中の車の中で、いずれどこかに埋葬できる場所を確保するまで、くり子には家にいてもらい、守り神になってほしいねとはむままと話しました。

実はこの日どうしても外せない用事があり、1泊でお母さんの実家に行かないといけませんでした。
お水、大量のペレット、予備のトイレ、お薬のある子には出かける直前にお薬をあげ、お水も新鮮。体の冷える子にはカイロを新しくして、豆には酸素吸入もしました。

酸素ハウスを利用すると2、3匹いっぺんに高濃度酸素吸入ができます


そして、くり子の遺骨をみんなのよく見えるところに置き、お祈りして出かけました。
くり子の悲劇を二度と繰り返さないようできる限りのことをします。
明日の午後帰ってきたとき、みんなが元気でいてくれますように。くり子みんなを守っておくれ。





にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

↑どうかくり子の冥福と留守番するちび達になにもないよう祈ってやってください↑


スポンサーサイト


この記事へコメントする















ざ・はむぱぱ

Author:ざ・はむぱぱ
神奈川県の湘南地方ではむままとゴールデンハムスター13匹と一緒に生活中
今、ハムスターを見ていることが一番幸せ

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しました。よろしかったらクリックお願いします

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。