*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは、ざ・はむぱぱです。
今回の記事は半月も前に投稿しようと考えていたのですが、豆がなぜうちの王様なのかを語らないと、話が伝わらないかなと思い寝かしてきました。
ようやく昨日豆の話ができたので、我がハム王国の後継者、ぼたんの話をしていきましょう。

<背中に輝く3番は

ぼたんは元々はさん子と呼ばれてました。
いち子同様、背中の模様が3に見えたからです。

子供の頃のぼたんです


とても元気で人懐っこい子で子供の頃から餌をあげたり、トイレ掃除のためにトイレ箱を巣から取り出そうとすると、手に近づいてきて、手を上りはじめるような活発な子でした。
行動の数々や仕草がかよ子そっくり。
なおかつ健康診断でもニコと並んで健康優良と判断されたこともあり、かよ子の血脈を伝えていくのはこいつしかあるまいとままもろとも、将来に大きな期待を寄せてました。


子供の頃のぼたん。すごく活発ですね



我が家の若さまにどんな名前をつけようか。
いろいろと考えてはみたものの、ぼたん(ぼた餅)と名づけられることになりました。
白ちゃんが白黄粉と名付けられた際、お菓子つながりということでままが、よん子をおはぎと名付け、その流れのままこの名前をもらったわけです。
その頃はぼたんが雄か雌かも解っていなかったので、どちらでも問題ないような名前がつけられました。
その後どうやら雄らしいということが判明し、豆の跡を継ぎハム王国の王様になる運命にあるようです。

お父さん外出して


よく遊び、よく食べ、兄弟の中でも体は一番大きくなり、相変わらずお父さんの手にしがみつき、「出して出して、外でるよ~」と愛らしい仕草のぼたん。
今が一番やんちゃなお年ごろ。

そんなぼたんにも実は悲しむべき過去がありました。


▼続きを読む▼

この記事へコメントする















ざ・はむぱぱ

Author:ざ・はむぱぱ
神奈川県の湘南地方ではむままとゴールデンハムスター13匹と一緒に生活中
今、ハムスターを見ていることが一番幸せ

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しました。よろしかったらクリックお願いします

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。